ネットでよく見る「note」とは? 特徴や使い方を解説! 

仕事
Pocket
LINEで送る

「note」というものをご存じでしょうか。

ここで言っているのは学校で使う白い紙のことではないし、IBM社のグループウェアのことでもないです。
もちろん日産の自動車のことでもありません。

数年前からネットでよく見かけるようになったアレです。
このロゴに見覚えがあるはず。

この「note」、私も使っているのですが、とても便利でためになるツールなんです。
今回の記事では「note」の概要や便利な点などについてまとめていきたいと思います。

良く見るようになったけど、実際noteって何なの?という疑問が解消されれば幸いです。

この記事でわかること

  • noteってなに? 何ができるの?
  • 使いやすい?
  • どんな機能があるの?
  • ブログやほかのSNSとの違いは?

「note」とは

まず「note」とは何か。
note株式会社が運営する、ユーザー投稿型の作品配信サイトです。

皆さんが良く見かけるのは文章が多いかな、と思いますが、他にも写真やイラスト、音楽、映像なども投稿できます。

また、「作品」と表現しましたが、単なる雑記やつぶやきの投稿もできて、気軽に自己表現ができます。

2014年4月7日のサービス開始以降少しずつユーザー数を増やし、いまやネット上の主な情報源の一つとなっている印象です。

楽しく創作活動をするための場所

文章だけでなく画像や音声、動画も投稿できるというのは、最近のSNSでは当たり前のこと。
他のSNSとの最大の違いは「創作活動を応援する場」であることです。

note公式ページには以下のように書かれています。

noteはクリエイターが文章や画像、音声、動画を投稿して、ユーザーがそのコンテンツを楽しんで応援できるメディアプラットフォームです。
だれもが創作を楽しんで続けられるよう、安心できる雰囲気や、多様性を大切にしています。

note公式「noteの使い方、機能紹介」ページより引用

創作というと小説やイラスト、音楽のようなわかりやすいものをイメージしてしまうかもしれませんが、例えば自分の好きな作品について語ることや、自分なりの生活の知恵を共有することだって創作です。
ただ思ったことを呟いてみるのだって、自己表現の一つ、すなわち創作と呼べるのです。

創作活動は何もプロでないと出来ないわけではありません。
私だって、この記事を読んでいるあなただって創作はできます。

noteはそんな誰もが持っているであろう創作意欲を腐らせず、自由に楽しく表現できる場なのです。

noteのこんなところが良い

ユーザーが好きなものを気軽に投稿できるという点では、ブログやTwitter、Facebook、Instagramなどに似ていますね。

では、それらのSNSとnoteは何が違うのか。
noteにはnoteならではの特徴があります。

良いと思った作品に気持ちを伝えられる

noteでは、良いと思った作品に対して様々なかたちで気持ちを表現することができます。

「スキ」

これは他のSNSでいう「いいね」と同じです。
良いと思ったら「スキ」を押す。これが一番オーソドックスな気持ちの表現方法です。

「コメント」

記事に対する感想など、言葉で気持ちを表現したい場合は記事に対してコメントすることができます。
ブログなどと同じですね。

「サポート」

良いと思った作品に対してお金を払うことができます。
金額は1円から任意で設定できるので、「この人の作品素敵だな」「応援したいな」と思ったら、
「サポート」することでクリエイターの励みになります。

クリエイターの創作意欲を高めてくれる

もう一つ、noteの素敵なところ。
それは創作活動を全力で応援してくれるところです。

例えば毎日投稿すれば褒めてくれますし、「スキ」をたくさんもらえば称賛してくれます。
一つ一つはほんの些細なことですが、創作活動に肯定的であることはやはり意欲につながります。

noteのおすすめ記事

noteには様々なジャンルの投稿がありますが、その中で私のおすすめをいくつか紹介します。

すっきりデスク環境構築

すっきりデスク環境構築|Sho|note
はじめまして、はじめてnoteに投稿します。私はソフトウェアエンジニアとして働いていますが、今年からリモートワークに切り替わったため、ほとんど家で仕事をするようになりました。どうせ出社する機会がなくなるなら、デスク環境を一新してオフィスよりも快適な環境にしたいと思いました。 そんな時に、Go Andoさんの素晴らし...

最近はすっかり在宅ワークが主流となりました。
デスク周りの構築の参考になります。

正常性バイアス(変化がキライ):行動経済学とデザイン33

正常性バイアス(変化がキライ):行動経済学とデザイン33|ジマタロ|note
現状を変えたくない思考のことを、正常性バイアスとか現状維持バイアスといいます。災害を例にこのメカニズムを整理してみます。 生き残る判断 生き残れない行動 アマンダ・リプリー(著)、岡真知子(訳) 筑摩書房 2019.01 人はなぜ逃げおくれるのか 広瀬弘忠 集英社 2004.01 正常性バイアスとは ...

行動経済学の話。
自分も経験したことがあるようなことを、学問として考えるのはとても面白いです。

図書館の本に落書きしちゃったら

図書館の本に落書きしちゃったら|脚本家・今井雅子(「#ルーツ」配信準備中)|note
朝、水やりをしていたら見知らぬ初老の男性が近づいて来て、「悪いね」とわたしに声をかけ、500mlのペットボトルを差し出した。底に数センチほど、透明な液体が残っていた。 「悪いね。捨てさせてもらえる?」 なのかなと思った。ペットボトルを見ると、遊園地のロケットみたいな三ツ矢サイダーの形をしている。 飲み残しの気の...

日常の一コマ。
それでいて考えさせられます。

シャニマスのチェックボックスから見る色弱者の世界

シャニマスのチェックボックスから見る色弱者の世界|謝罪P|note
 先日のアップデートでシャニマスのUI周りに色々と手が加えられた。  その中でも個人的に嬉しかったのは、ソートに関連するチェックボックスのON/OFFが見やすくなっていたことだ。  大多数のユーザーにとっては「まあ確かにね」くらいのものかもしれない。しかし私は「これでようやくまともにソート機能が使える」とひそか...

私の好きなゲーム「アイドルマスター シャイニーカラーズ」のUI変更から考える視覚障害者への配慮の話。Twitterでもちょっとバズってました。
自分が以前障害者にかかわる仕事をしていたこともあり、非常に興味深く読ませてもらいました。

まとめ

noteについて紹介してきましたが、まとめるとこんな感じです。

  • noteは創作活動のためのプラットフォーム
  • 文章だけでなく、イラスト、動画、音楽も投稿できる
  • 「スキ」「コメント」「サポート」機能で気に入った作品を応援できる
  • 創作活動意欲の高まる機能が充実

今回紹介したのはnoteの基本的な使い方のみで、ほかにも同じ趣味や思いを持った人とつながることのできる機能や、記事を商品として販売することのできる機能など、クリエイター側も活動しやすいシステムがたくさんあるので、興味のある方は是非使ってみてください。

note ――つくる、つながる、とどける。
クリエイターが文章やマンガ、写真、音声を投稿することができ、ユーザーはそのコンテンツを楽しんで応援できるメディアプラットフォームです。だれもが創作を楽しんで続けられるよう、安心できる雰囲気や、多様性を大切にしています。

コメント