「サクラ大戦」感想レビュー 新サクラ大戦が発売された今もなお、色あせない面白さ

エンタメ
Pocket
LINEで送る

新サクラ大戦で盛り上がる世間に逆行して初代をプレイし、クリアしました。

プレイしたのはPSPのサクラ大戦1&2(ダウンロード版)。

久々にPSPを引っ張り出してきたらネットワーク接続設定やら本体更新やらがあって、ダウンロードまでずいぶん時間がかかりました…。

新サクラ大戦はいずれプレイするだろうけど、ひとまず1をクリアしたのでその感想と、僕の思うサクラ大戦像、そして新サクラ大戦に対して感じる印象について、まとめます。

サクラ大戦の魅力

世界観、シナリオ、音楽、キャラクター、声優、アニメーション。

そのどれをとっても非常に質の高いものです。

じゃあ何がどう魅力的なのよ、って思いますよね。

語らせていただきます。

設定、世界観による魅力

舞台は太正時代(※)。

銀座・帝国大劇場で華やかな舞台を演じる「帝国歌劇団」。

しかしその実態は、霊力によって稼働する蒸気機関「霊子甲冑」に乗り、迫りくる悪の組織と戦うために結成された「帝国華撃団」なのです。

※時代設定は「太正」という架空のものですが、その名の通り大正時代がモデルとなっています。

この設定を見ただけでわかると思います。

もういろんな設定を盛り込んだごった煮の世界観だ、と。

ですが、これが悪くない。

サクラ大戦をプレイしたことのない人には伝わりづらいかもしれませんが、実際にプレイしてみるとこの一見バラバラの設定が互いをつぶすことなく噛み合っていて、他にはない独特の世界を創り出しているんです。

キャラクターも、メインヒロインの真宮寺さくら神崎すみれこそ大正乙女然とした見た目で描かれているものの、その他のキャラは非常にバリエーション豊かな面々がそろっています。

フランスの天才少女アイリスや中国メカニック美女の紅蘭、ロシアの男装麗人マリア、琉球空手の使い手カンナと、全くと言っていいほど枠に縛られない設定であり、サクラ大戦の良い意味でのごった煮感にマッチしています。

ゲームとしての魅力

ゲームとしてもよくできていて、ヒロインたちと交流して親密度を高めることのできるアドベンチャーパートと、シミュレーション形式で敵と戦う戦闘パートを交互に進めていく作りになっています。

アドベンチャーパートでは時間制の選択肢ミニゲームなど、しっかりゲーム要素があり、ただ読み進めていけば良いわけではないのが特徴。

そのため、終始マンネリ化せずに楽しみながら進めることができます。

戦闘パートも程よい難易度で、何人か敵にやられてしまっても良いと思えばそれほど難しくないのですが、やられてしまったヒロインは好感度が下がってしまうこともあり、ストーリーを進めるにつれてプレイヤーの気持ちは「何としてもみんなを生き残らせたい」という方向にベクトルが向いていきます。

そうなると難易度は上がり、特にラスボス戦なんかは犠牲無しでクリアするのはかなり難しいレベルになっています。

アニメを意識した演出と音楽

この作品を構成する要素の中でも特に、サクラ大戦という作品をサクラ大戦たらしめていると僕が思うのは、アニメ調の演出音楽です。

これが本当に素晴らしい。

サクラ大戦は作品を通してアニメーションを意識した作りになっています。

オープニングテーマとともに物語は始まり、各話のタイトルが入ります。
「第一話『帝都・花の華撃団』」といった感じで。

また、話の区切りごとにアイキャッチ(アニメでCMに入るときのやつ)が挟まり、これがセーブポイントとなっています。

そして1話が終われば次回予告。キャラクターのセリフ、アニメーションとともに次の話のあらすじが流れます。

もうね、完全にアニメよ。

シミュレーションゲームをやっているというよりも、アニメを見ている感覚でゲームをプレイできるわけです。

そして音楽。

田中公平さんによるオープニング曲「檄!帝国華撃団」はあまりにも有名ですよね。

その他にもたくさんの名曲があり、ストーリーを盛り上げてくれます。

田中公平さんの作る音楽については語りたいことがたくさんありすぎるので、それはまた別の機会に。

そして忘れてはいけないのがシナリオの広井さんによる作詞。これもまた素晴らしいです。

エンディングテーマ「花咲く乙女」の歌詞を聞いたときには涙しました…。

熱い想い この身を焦がし
たとえ明日命尽きても
歌い 踊り 舞台に駆けて
君にとどけ 今宵高鳴るその名

これ。

役者なんですわ。みんな。

……多くは語るまい…。

サクラ大戦をプレイした上で新サクラ大戦に思うこと

新サクラ大戦はプレイしていないし、サクラ大戦シリーズもまだ2の途中までしかやっていないので、何か言うのもおこがましいんですけど、第一印象で一つだけ言わせてください。

なんか違うんですよ。

ストーリーについては語れないですけど。

オープニングテーマ。これについては多少言っても良いのではなかろうか。

曲はほんとに素敵なんです。

イントロはあのゲキテイのままで、歌メロが現代風になってるんですよね。熱いよ。

最初はメロディが違うことに違和感もありましたが、聞いてるうちにどんどん好きになるんすよ。

もう一度いいますが、曲はほんとに素晴らしい。

ただね、歌がなんか違うんですよ。

出演されてる声優さんたちは普通に好きだし、歌も上手い。

だけど「歌劇団」要素が見えなくないですか…?

うまく表現できないですが、新サクラ大戦は歌劇団じゃなくてアイドルなんですよ。

それがなにか違うと感じる所以なのかなぁ。

未プレイでは多く語れないので、このあたりはプレイ後にまた書きたいと思います。
いつになるかわかりませんが…。

根強いファンがいることにも納得の名作

ちょっと新サクラ大戦についても書いてしまいましたが、この記事のメインは初代サクラ大戦の感想。

サクラ大戦はいいっすよ、ほんとに。

ガルパンおじさんみたいになっちゃうぐらい良いよ。

新サクラ大戦でまた盛り上がってるサクラ大戦界隈。
今後、過去作のリメイクとか出ないかなぁ。

未プレイ勢はリメイクしてくれないとプレイすらできないですからね…。

ドリキャス買うかな…。

コメント