「BIOSHOCK」感想レビュー 濃厚なシナリオ展開に脱帽

エンタメ
Pocket
LINEで送る

FPS苦手だったんですけど、意外とどうにかなるものですね。
やってるうちに慣れてきました。

ジャンルFPS、アクションRPG
ハードPC、Xbox360、XboxOne、PS3、PS4、Nintendo Switch
発売日BioShock
 2008年2月21日(Xbox360)
 2008年6月27日(PC)
 2008年12月25日(PS3)
BioShock Collection
 2016年9月15日(XboxOne、PS4、PC)
 2020年5月29日(Switch)
発売元スパイク(Xbox360、PS3)
ZOO(PC)
テイクツー・インタラクティブ・ジャパン(PS4、Switch)
開発元2K Boston/2K Australia(現在はIrrational Games)
公式サイトhttps://2kgames.jp/game/bioshock/
プレイ時間ストーリークリアまで15時間程度

バイオショックってどんなゲーム?

迫りくる敵を銃で撃ったり、殴ったりして倒しながら先へ進んでいくFPSです。

主人公は「プラスミド」と呼ばれる超能力を使うことができ、これを上手く駆使しながら戦っていきます。

ホラーゲーム…とまではいかないのですが、全体的に暗めの雰囲気だし、出てくる敵も狂っていてそれなりに怖いです。

大まかなあらすじ

飛行機事故で海に投げ出された主人公ジャック

なんとか生き延びた先で潜水艇に乗り込んだ彼は、荒廃した海底都市「ラプチャー」にたどり着く。

ラジオを通して語りかけてくる男、アトラスに「はぐれた家族を探してほしい」と頼まれたジャックは、彼に言われるまま狂気に満ちた海底都市を巡ることとなるのだった。

1人称視点ならではのスリル

始めに書いたとおり、バイオショックはホラーゲームではない(と思う)のですが、1人称視点だからこそのスリルがあります。

いわゆる3人称の視点であれば、 操作キャラクターが画面上に見えている状態で進んでいきます。これなら、自分とキャラクターを切り離して考えられるんですよ。

ですが、1人称視点だとキャラクターの視点が自分の視点になるため、「自分自身が経験している」感が強いんですよね。だから怖いんですよ。敵が目の前まで迫ってきますから。集中していればいるほど、精神的なダメージがあります。
恐る恐る歩いてると突然目の前に敵が現れたりするのは、僕にとっては十分なホラー体験でした。

超能力「プラスミド」と銃器を使い分けて戦う!

このゲームでは、基本的に銃を撃って戦います。ただ、それとは別の戦い方として、主人公のジャックは「プラスミド」と呼ばれる超能力が使えます。

プラスミドには種類があり、炎を出す、物を凍らせるなど王道の能力から、相手を混乱させたり蜂を操って攻撃したりというトリッキーな能力まで様々です。これを駆使して有利な状況を作りつつ、銃で敵を倒していくのがこのゲームの戦闘スタイル。

セットできる能力は数が限られているため、「どの能力を使おうか…」と迷うのも楽しみの一つです。

やがて真相に近づいていく…! 引き込まれるストーリー

このゲームの最大の魅力は、なんといっても濃厚で奥深いストーリーです!
物語中盤の演出とストーリー展開は、ファンの間でとても高い評価を得ています。

ストーリーの解説と、演出についての考察は本ブログでも記事にしているので、気になる方は是非そちらも読んでみてください。
※ このゲームをクリアしていることが前提の記事なので、ネタバレ満載です。必ずゲームを一度クリアしてから読んでください。

戦略的なアクションと奥深いストーリーはプレイの価値あり!

このゲームが高い評価を得ているのはストーリー展開ゆえですが、ゲーム要素もしっかり面白く作りこまれているところは個人的にGoodです。

ネタバレを見てしまうと感動も半減すると思うので、この記事を読んでこのゲームを初めて知ったという方、今すぐにAmazonやPSStoreで「バイオショック コレクション」を買ってプレイしてください!ぜひ!
シリーズ3作品がすべて入ってるやつです!

そしてクリア後にまたこのブログに戻ってきて、解説記事を読んでくれ!どうぞよしなに!

コメント