ワープホールを駆使して進むアクションパズルゲーム 「Portal」「Portal2」感想

エンタメ
Pocket
LINEで送る

PCゲームのプラットフォーム「Steam」を運営するValveが開発したアクションパズルゲーム。

いろんなところで評判の良いゲームです。

ゲームの概要

まずはこのゲームの概要を簡単に。

そもそもどんなゲーム?

主人公は「ポータルガン」と呼ばれる銃を使いこなして先に進んでいきます。

銃と言っても、攻撃をするためのものではありません。「ポータル」、つまりワープホールを作るための銃です。

ポータルガンを壁や地面に向けて打つと、そこにワープホールが開きます。

ワープホールは青とオレンジの二種類作ることができます。青のワープホールとオレンジのワープホールは繋がっており、通り抜けることで空間を超えて移動することができます。

自分だけでなく、物体をワープさせることもできます。

また、通り抜けるときの加速度はそのままなので、例えば高いところから下に開いたワープホールに落ちると、そのスピードのまま反対のワープホールから出てきます。

これを利用して大ジャンプするステージなんかもあったりして、奥が深いです。

この仕組みを駆使して、パズルをクリアしていくのです。

このシステムは他のゲームにはなく、とても新鮮です。

ストーリー

パズルゲームですが、ちゃんと物語があります。

気がつくと謎の施設内にいる主人公。

どこからか聞こえてくる電子音声に従って、ポータルガンを手にし、与えられたテストをクリアしていく…というのが大まかなストーリーです。

プレイ時間

1作品だいたい5、6時間程度で終わると思います。

2作合わせても10時間ちょっとでプレイできるので、長いゲームがあまり得意ではない僕としてはとても満足です。

操作性

この作品はPCゲームです。

コントローラーを繋いでボタンを振り分ければ、コントローラーでプレイすることも可能ですが、僕はマウスとキーボードを使ってプレイしました。

マウスとキーボードでプレイした感想ですが、特に苦は感じませんでした。

キーボードで移動。

プレイヤーの視点は、一般的なFPSと同じくマウスで動かします。

またポータルガンは左クリック、右クリックで2種類のポータルを撃てるようになっています。

操作するのはこれだけなので、簡単です。

プレイした感想

ここからは実際にプレイした感想を書いていきます。

パズルゲームなのにストーリーが面白い!

頭を使ってステージをクリアしていくタイプのパズルゲームなのですが、それでいてストーリーがしっかりとしているのが非常に面白かったです。

ホラーっぽい雰囲気やコメディっぽい要素もあるので、ちょっとした短編映画を見るような感覚でプレイできます。

パズルゲームとしては、「Portal」「Portal2」それぞれで楽しめますが、ストーリー的には2本セットで一つの話って感じでした。

やりごたえのあるパズル

最初は簡単ですが、終わりが近づくにつれてどんどん難しくなっていきます。

かなりやりごたえのあるパズルでした。

頭を使うだけでなく、アクションのスキルも多少は必要になるので、人によっては苦手かも。僕はむしろ好きでしたが。

高評価にも納得の面白さ

高評価を受けていることにも納得出来る面白さでした。

サクッとプレイできますし、プレイしたことのない方はぜひ一度プレイしてみては。

価格が安いのも良い点です!

Steam:Portal
Portal™ は Valve が新たに開発した、シングルプレイ専用の新感覚ゲームです。ゲームの舞台は謎に満ちた Aperture Science 社の研究施設です。独特のゲームプレイはくせになることまちがいなし。またこのゲームは、近年最高の革新性を持つゲームのひとつと評されています。 ちょうど Half-...

コメント